歴史から学ぶ人間の食事の様式

人間という二足歩行の生物が誕生した時の人間の食事の様式は、肉食動物の狩猟などでの様式が主流であった事です。肉類は狩猟で摂取して、野菜類は木の実などの採掘によって摂取していた事であります。


やがて、人間は食べ物を生成するための栽培の知恵を身に付ける事になります。


例えば、米の栽培の知恵を身に付けた事であります。



米を生成する事によって、ご飯としての食べ物になります。

昔の人の食事の様式は、土器や石器などでできた茶碗で食事をしていた事であります。


現代で火をおこす方法として、マッチやガスコンロなどでおこす方法がありますが、昔は存在していなかったので、自然にある物でこすり合わせて火を起こしていた事であります。

昔の人は自然の物で火をおこしながら生き残ってきたわけであります。

昔の食事に関しては、自然の肉や魚などが主流であったために栄養素が現代に比較して少ない事です。

栄養素が少ないために体に十分な栄養が伝わらないので、体も大きくならない事です。

従って、昔の人の体型は現代の人の体型よりもはるかに小さくなります。

日本では、ご飯が主流の食事であります。



弥生時代から主食として親しまれ、江戸時代には米の採取のための道具を使う事になり、現代には機械を使って米を採取できます。

当然ながら現代の農業に関しては、高度な生産の技術と高度な採取の技術の進化により、豊富な品目の食事をする事によって、現代の人の体は大きく成長するわけであります。

日本の料理の特徴として、ご飯とみそ汁と野菜類が主流でありますので、栄養のバランスがとても優れている事になります。



しかしながら、アメリカで製品として生産されたファーストフードや脂肪分の多い食品の輸入によって、日本人の肥満の割合が増加傾向であります。




重要な事は、バランスのとれた日本の料理での食事を心がける事であります。



脂肪も人間の体にとって欠かせない栄養素でありますが、過度に摂取しない事が一番です。

https://www.facebook.com/nihonizakaya/info?tab=overview
http://www.bt-kankou.com/gourmet/
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%8D%94%E4%BC%9A